片頭痛国内初治療

人体の神秘

今回は文字通り「人体の神秘」を再確認いただける、そんな治療方法が国内で初めて実践されtお話です。
キーワードは「片頭痛」と「心臓」です。
これだけでは誰もが「何の事だ?頭痛と心臓なんて全く別の話だろ?」と受け取られて当然でしょうし、私自身の率直な第一印象も皆さんと同じでした。
ですが以下にご紹介するのは、片頭痛患者の心臓内に小さな穴をカテーテルで塞ぎ、それで片頭痛の症状を改善させる手術の実践のニュースなのです。

これまで片頭痛の治療は薬物治療が中心であり、当然心臓手術を絡ませるのは国内初の試みです。
なぜこうした治療法の実施が決定されたのかを、以下に出来るだけ簡潔に説明させていただきます。

心臓の小さな穴と片頭痛の関連性

岡山大病院の研究の結果、片頭痛患者の約半数の方々の心臓には、胎児の時には存在していた心臓に存在する、直径1~2ミリ程度の卵円孔と呼ばれる穴が、塞がらずそのままになっている事実の発見に至ったのです。
この卵円孔と片頭痛の関連性を更に突き詰め、太股の静脈経由でカテーテルを挿入し、この卵円孔をカテーテル先端の閉鎖栓を用いて閉じる施術を施す手術法の実践が発案されました。
手術時間も1時間程度で済むため、患者への身体的負担やリスクも抑えられ、大きな成果が期待されている新たな手術法です。

ちなみに片頭痛は現在、国内の成人の約8%余りの方々が発症されており、症状が酷い場合は日常生活そのものに深刻な悪影響を及ぼしています。
片頭痛のメカニズムに関しては、まだ解明されていない部分も多く、今回の新たな施術が確かな効果を示してくれる事への期待感が高まっています。
岡山の医療機関が柔軟な発想から斬新な医療方法を開発した事実は、医療に携わる私としても嬉しく誇らしい限りです。

但し現時点では全ての施術対象者に対し、確かな効果が保証出来ない事もあり、保険適用外の手術として実施され、入院費を含め、約130万円が全額自己負担となるところからのスタートです。
今後の確かな成果を通じ、患者の費用面の負担軽減が1日も早く叶う事を願っています。

松岡良明賞に倉敷中央病院

今回が初

今回も一般の方々には馴染みが薄い個人名が冠の「賞」の話題ですが、私達の健康に密接に関係するお話ですので、ぜひお付き合いください。
この「松岡良明賞」とは、癌撲滅に対して著しい功績を挙げた団体あるいは個人を讃える賞であり、今年度この医療界で大変栄誉ある賞に輝いたのが、倉敷中央病院(小笠原敬三院長)なのです。
受賞者である同院には賞状と賞金100万円が贈呈されますが、注目すべき事として、病院が団体として受賞するのは今回が最初という事実なのです。

この倉敷中央病院は普段から地域の各医療機関との積極的な連携を通じ、より専門的な癌治療を実践する「がん診療連携拠点病院」として、岡山県の癌撲滅に尽力している医療機関です。
さまざまな癌手術の実績も突出して豊富で、中国四国地方の医療機関では勿論トップの手術回数を誇り、全国的に見てもトップレベルの病院です。
更には自院の成果を医療界全体と共有すべく、癌の実態の把握、診断事例、資料成績などを「がん登録」としてデータベース化しています。
ちなみにこの登録件数も中国四国圏では勿論第1位であり、全国的に見ても上位10%以内の実績を誇っています。

更なる努力

更には癌専門の認定看護師の積極的配属、相談支援センターの開設などを通じ、不運にも癌患者になられた方々とその家族を、精神面も含めて支える体制作りに余念がありません。
早期発見が要の癌に対応すべく、隣接する総合保険管理センターで受診者数年間38000人を数える健診の実施、同じく年間3400人を数えるPET受診の実施など、たゆまぬ努力が続けられています。

かつて癌は「発症すれば不治の病」の代表格とされ、癌患者宣告イコール最期通告と解釈されていました。
ですが今回ご紹介の倉敷中央病院を始めとする多くの医療関係者あるいは機関の努力に因り、癌撲滅は着実にその成果を見せているのです。
だからこそ私達も積極的に検診を受け、常に自らの健康状態を正しく把握する事で、1人1人が癌撲滅に努める義務を有していると捉えるべきなのです。

久しぶりに家族で出かけてきました

倉敷に行きたいと

幸い凌ぎやすい好天に恵まれた先日、家族揃って久々の外出を楽しんで来ました。
行き先は倉敷。
子供が退屈しないかとの不安がゼロだった理由、それは何より本人が「連れて行って欲しい」と家内に頼み込んだ経緯故でした。
どうやらクラスメートが「楽しかった」と教室内で自慢気に話していたらしく、それが引き金になっていたみたいです。

今回は敢えて電車を乗り継ぎ、岡山駅経由で倉敷を目指しました。
普段はどうしても車移動が主体になってしまうライフスタイルですので、私自身にとっても新鮮でした。
何より子供は皆、電車が大好き。
東京暮らしの頃には思いもつきませんでしたが、岡山郊外の子供達にとっては、電車に乗るのは私達の想像を遥かに超えた「一大イベント」らしいのです。

おかりなにハマる予感?

定番のアイビースクエアから川が流れる美観地区の定番スポットを抑えるコース、地ビールを堪能出来たのも電車で来たからこそ。
時間を外した昼食は、昔ながらのアーケード街で偶然見つけた鉄板焼き屋さんに飛び込んだのですが、これが大当たりでした。
気さくなマスターが優しく話し掛けてくれ、普段は食が細い我が子が「こんなに食べて大丈夫かな?」と首を傾げる程、何度も「美味しい!」を繰り返していました。

その後敢えて地図と睨めっこせずに歩を進めていると、小さなおかりな専門店に遭遇しました。
年配の女性がお1人で営んでおられ、長いお付き合いの職人さんの手作りのおかりなをズラリと並べておられました。
遠い昔親に買ってもらった学習雑誌の付録に、プラスチック製のおかりなが付いていた事もあり、ドレミファぐらいは何とか吹ける私。
焼き物のおかりなは結構値段が張りましたが、子供用と合計2つ衝動買いしてしまいました。

振り返れば私自身が1番はしゃいでいたみたいです。
呆れもせず笑顔で付き合ってくれた家族のためにも、この日のリフレッシュで蓄えたエネルギーをフル稼働で、また頑張らねばっ!